readyfor

被災地のシングルマザーが子どもと生き抜くための教育プログラム

被災地のシングルマザーの生活困窮は想像を絶するほどの状況でした。

被災地のシングルマザーは子どもの為に必死で頑張っています。しかしそれはとっくに限界を超えたものでした。

3年間ずっと一日一食だったという母子家庭も
被災地のシングルマザーは津波で実家や職場が流されたりと、様々な問題を抱えています。 本当に困っている人は自分から声をあげません。だから、私たちは困った人を探し出すことから始めました。私たちは活動案内のちらしを持って一軒一軒彼女達が入居する仮設住宅を回りました。私たちが接触してきたのは陸前高田、大船渡、気仙沼の仮設住宅に入居する約200世帯の『ひとり親家庭』です。ひとりひとりの話を熱心に聞いてまわるうち、生活に疲弊しきっている彼女達の現状が見えてきました。被災地の母子家庭の貧困は、震災で職を失ったり、頼っていた実家の家族が亡くなったりと複雑な要因が絡んでいます。子どもの服や靴も買えない、介護を抱え長時間働けない、パート三つ掛け持ちし体調崩す、遺児家庭に進学支援が離婚家庭にはなく「自分が津波で死ねば息子を進学させられたのに。」と言う母親も。中には2014年8月の時点で「子どもが3人いて仮設入居直後から3年間ずっと一日一食だった」という家庭もあり、事態は想像以上に深刻でした。このような生活をしているお母さんたちにはどこからも救いの手が差し伸べられていないのが現状です。

私たちが行った調査でパソコンが使える使えないで収入に大きく差が出ることがわかっています。 単に収入面だけでなく、情報へのアクセスなど受け取る情報のスピードや量も大きく変わってきます。パソコンが使えれば、後々の就労支援につながるのに。これがこのプロジェクトを始めるきっかけです。

まずは、お母さん達、子ども達がワード、エクセル、メール、インターネットが使えるようになることを目指したいと思います。

単なるパソコン支援ではない。母子家庭のお母さんたちが生きる自信を取り戻し、子どもと一緒に生き抜く力を身に着ける為の教育プログラムです。

『きっと、大丈夫!あなたなら出来る!』と励まし続ける活動

これまで私たちは食糧支援を続けてきましたがそれは先の見えない活動でした。今後は経済的自立に繋げる為に、彼女達もしくはその子ども達に中古のパソコンを支給し、使い方を指導して在宅ワークが出来るように支援します。これは単なるパソコンの支援ではありません。これは被災地の母子家庭のお母さんたちが子どもを抱えて生き抜く為の教育プログラムです。決して大げさな表現ではありません。彼女たちは子どものために必死で生きています。DVや夫の失踪などで離婚した家庭も多く、ボロ雑巾のように扱われた彼女たちはあらゆることに自信を失っています。中には震災で親戚中で自分と子どもだけが残されたというお母さんもいます。誰も頼れず心細くて不安で仕方がないと言います。会うたびに痩せていくお母さんもいます。お金も思ったように稼げずますます自信がなくなっていきます。だからパソコンが使えるようになっても、なかなか転職するだけの勇気が持てません。「きっと大丈夫。あなたなら出来る。」と励まし続けることが必要なのです。また単にパソコンを教えるだけでなく、彼女たちの収入が上がるまで食糧支援を続けたり、相談相手になったりアドバイスをしたりと、母子家庭としての生活や育児の知恵、母子家庭のための支援の情報なども伝えていきます。

全国どこにいても出来る支援があります。あなたの力が必要です!

私たちと一緒に、生きる自信を失ったシンブルマザーを励まし続けてください。寄付、情報拡散、事務局の仕事、全国どこにいても出来る支援があります。



私たちは大船渡・陸戦高田・気仙沼で被災した『ひとり親家庭』に支援をしています。
このプロジェクトでは、仮設に入居するシングルマザーをパソコン講師として育成し、他のシングルマザーにパソコン講習を実施します。今の仕事を続けてもらいながら、一年掛けて、ワード、エクセル、メール、インターネットを使えるようにし、在宅ワークなどが出来るように支援します。その為には中古のパソコンを集めたり、活動資金を確保しなければなりません。一年間、大船渡・陸戦高田・気仙沼の三地区でこのプロジェクトを展開するには、講師育成費、ガソリン代、現地での活動費、テキスト代、パソコンを集める費用、事務局運営費など、年間で800万円の事業費が必要となります。

ご寄付以外にも出来ることは沢山あります。この活動を広めるためにまったく人手が足りません。情報を広める、寄付を募る、募金活動をする、募金箱を置く、講演会を開催する・・・等々、全国どこにいても出来る活動があります。

何とかしたい、
と思ったら!!


Yahoo募金へ
volunteers

一日50円からの寄付

月3000円で母子家庭に出来ること
月1回の食糧支援と戸別訪問
月1万円で母子家庭に出来ること
お母さんにパソコン講習1ヶ月

継続的に支援する


カード決済で今寄付する

銀行振込で寄付する
ゆうちょから
※振込用紙利用
番号 00160-1-418612
他行からの振込
ゆうちょ銀行
店名〇一九(ゼロイチキュウ)
店番019 当座 0418612
volunteers