• 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

特定非営利活動法人マザーリンク・ジャパン 子どもたちの未来のために。



  • ホーム
  • ご支援をいただく皆様へ

ご支援をいただく皆様へ

2011.5.5更新

 私自身、シングルマザーという境遇の中、多くの方のお力を借りながら子育てをしてまいりました。お陰様で娘も大学4年生となり、自身の子育てに終止符を打ったところです。苦しいこともある中で、私たち親子が多くの方に助けられ、我が子が心身共に健やかに成長できましたことは、本当に幸せなことであり、周囲の方々への感謝の念がたえません。私が仕事で疲れきっているとき、日曜日で自宅にいるにもかかわらず、娘の同級生のお母さまが、「たまには一人でゆっくりしなさい。」といって娘を預かってくださったりと、こちらから助けを求めなくても、自ら手を差し伸べてくださる方が大勢いらっしゃいました。母親として、社会情勢や家庭の事情で、子どもに充分なことをしてやれない辛さと、周囲の方からの支援に感謝する気持ちとの両方を経験いたしました。今回の震災にあたり、私が想いをはせたのは、被災しながら子育てをしていかなければならないお母さんたちのことでした。津波で何もかもを失った多くの人々のことを考えると、胸が締め付けられるような想いです。未曽有な状況下では、女たちは物を言いません。不安、怒り、悲しみ、苦しみ・・・。そのような感情があっても、じっと押し黙ったままです。私が苦しいとき、苦しいと言わなかったようにです。淡々と時が過ぎるのを待ち、物も言わずに耐えています。私は、私がしてもらったように、物言わない誰かに手を差し伸べずにはいられないのです。私には、まだまだ小さな力しかなく、今回も、プロジェクトに賛同してくださった全国の多くの方の支援があり、手探りながらもここまで辿り着けました。しかしながら、まだまだこれからも支援の手を必要としている方々が大勢いらっしゃいます。継続的な活動をするためには、皆様の協力が欠かせません。
 被災地においても、お子さまの成長は一筋の明かりとなることと思います。支援してくださる皆様と共に、被災地の子どもたちの健やかなる成長を心よりお祈りしたいと思います。プロジェクトに参加してくださった方々の心は、被災された方々と共にあり、被災者と苦悩を分かち合い、復興の喜びを共にしたいという気持ちでいます。どうか、今後とも、末永く皆さまの支援をいただければ幸いです。

NPOマザーリンクジャパン 代表 寝占 理絵(ねじめりえ)

  • ホーム
  • ご支援をいただく皆様へ