• 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

特定非営利活動法人マザーリンク・ジャパンでは、東日本大震災におきまして復興支援活動をしています。



  • ホーム
  • 復興支援 復興 自立支援バザー

被災者からお金をいただくということ

2011.5.29更新

自分のお金で買うということ

第一回目の『元気に働こう!通勤着支援プロジェクト』のバザーで、無償でお渡しする予定だった支援物資に値段をつけたことで、私自身、「お金を払う」という意味を改めて考えるきっかけになりました。
若くてお金もなく、初めて一人暮らしをしたときのことも思い出しました。何もなかったけれど、少しずつ生活物資を揃えたりと、お金のない中で買った物の中には今でも大切に使っているものもあります。そう言えば、今日使ったお皿も、一人暮らしを始めるとき、初めて自分で買ったお皿でした。自分のお金で買うことで、「自らの生活を自分の意思で創り上げていく」のだという自覚を持てたのだと思います。

被災者からお金をいただくということ

第一回目の『元気に働こう!通勤着支援プロジェクト』では、一緒にバザーを開催する被災地の他のボランティアの代表の方から「値段をつけて欲しい。」とのお申し出があったことから、値段をつけさせていただきました。
結果としては、最初は戸惑いもあったものの、思い切って値段をつけてよかったです。
無料だと「何でもいいから我先に」となるところ、
有料にしたことで、じっくり「選ぶこと」を楽しんでいただけました。


皆さん、「楽しい、楽しい」と口々に連発なさってました。「まとものお買い物なんて、被災してから初めて!!」
終わった後も、翌朝も、「次はいつ来るの?」といろんな方々にお声をかけていただきました。
こんなに喜んでいただけると思っていなかったので、驚きました。
「お前、そんなに買ってどうするの!?」とお父さん。「だって、楽しんだもの、いいじゃない!!」と嬉しそうなお母さん。

無料だったら、こうはいかなかったのだと思ってます。
女性にとって買い物は、元気の源なんですね。
お金を払って物を買うって、楽しいことなんですね。

  • ホーム
  • 復興支援 復興 自立支援バザー